スチャラか社長の ぼ-らぼら・ザ・ワールド

丹波篠山黒豆便り ~其之伍

 昨日10月20日、丹波篠山市の黒豆農家 “ 稲やん ” の畑にて春から携わっていた黒豆の収穫を見学にいってきました。山田様の一言「 “ 篠山市 ” 知り合いは居ませんか? “ ますだ ” さん 」に始まった黒豆作りは、ようやくヒトツ区切りが付き形となりました。でもって、その 山田 様ですが、ご本人に許可を得まして今日はご紹介させていただきます。

 山田様こと “ 山田 高生 ” 社長は、神戸市の兵庫区に在る保険会社、“ ラズシップ株式会社 ” の代表取締役で ? dahiko ? 私目の保険を担当頂いている、いわば保険のプロフェッショナルです。かれこれ18歳からお世話になっておりますんで。。35年。。といった長い長いお付き合いをさせて頂いております。

 そんな山田社長に黒豆農家の稲山農園 “ 稲山 ” さんを紹介してから早6か月。まだまだ収穫・出荷は来年1月まで続きますが私目が携わった部分については、“ ラズシップ株式会社 ” 様の収穫祭をもってヒトツの区切りが付きましたのでご報告を。今後は来年度に向けて、さらに多くの人に発信を続けたいと思います。

 すでに準備万端の畑

 花曇りの朝8:40。JR篠山口駅に到着。すでに “ 稲やん ” が駅ロータリで出待ちしてくれておりました。感しゃーーー畑までは駅からバスで7~8分、徒歩10分。その距離が僅か5~6分。

 地モピーならではの最短~農道走行で到着です。東吹という地区に畑がありまして、舞鶴若狭自動車道の但南篠山インターからですと通常10分ぐらいでしょうか。

 で畑に着きますとすでに準備は整っており何もお手伝いすことはありませんでした。午前中の一度に400本超が刈りとられるイベントでしたから。。気合が入っていたんですかねーーー

 しかしながら前日に結構な雨が降っており、畑は相当ヌカるんでおりましたんで株の切り倒しは “ ラズシップ株式会社 ” のスタッフ様が行うてはずになっていた模様。9時過ぎには収穫祭用の黒豆100本が農道に並べられました。

畑から切り出された黒豆
5本ずつ20束100本の山

 収穫祭は盛況

 さて10時およそ30人ほどが集まり、“ ラズシップ株式会社 ” さんの収穫祭がスタートしました。冒頭、前年からの経緯、“ 稲やん ” こと黒豆農家稲山さんとのご縁。

 就労継続支援B型事業所?あつまろ?さんが除草・収穫作業に入ったいきさつ。などなど山田社長が抱くこの事業への想いや紹介などを熱く述べられておりました。参加者の皆さんは熱心に聞き入っておられ、ご賛同くださいました。

2019・10・20 10:20
収穫祭スタート

 “ 稲やん ” が前日に収穫された黒豆を塩ゆでにして参加者の皆さんに振る舞ってくれました。まん丸でホクホク!激うまでしたねーーー

 サッポロ☆ビールはありませんでしたが。。ビール全般ありませんでしたが絶対ビールが進むクンにちがいありません☆

 10月の丹波篠山市はハイシーズン。毎週神社では収穫を祝う祭りが催され、山車や神輿が街中を周ります。さらに味祭りなども行われ秋の篠山城下は活況。ほんと賑やかなんです。

 昨日は3大祭りと言われる陶器市が開催されており。。そんなわけで朝から多くの観光客でインター降り口は渋滞。収穫祭参加者の皆さまも渋滞にハマっておられたようで。。

 オープニングこそ30名程でしたが。。最大60人ほど集まった盛況な収穫祭となりました。下部の切りたおしから鞘になるまでチョキチョキ切り分け、約3時間ほどで作業終了。

 なかには100本200本と購入頂き、2トントラックに黒枝豆を山積みにして急いで会社へ戻られるお客様も。山積みの黒枝豆は自社のお客様にオミヤゲとして配られるそうな。実に太っ腹な社長さんが勢揃いでしたね。

 収穫祭での作業を終えられたお客さまには “ 山田社長 ” が一組一組ご挨拶も。この事業の趣旨にご理解・ご賛同頂いたことへのお礼や来年度の抱負なんかを真剣に話されておりました。帰り際には来年の参加や黒枝豆の注文もお客様から表明頂いていたようですね。

 さらに配慮も

 残念ながら予定があわず収穫祭に参加頂けなかったお客様の中で、ご希望のお客様には。。南斗なんと本日21日以降、月末にかけて “ 稲山農園 ” より畑で獲れた黒枝豆を直送されるとのこと。。

 私目も昨年、一昨年と “ ラズシップ株式会社 ” よりお贈りいただきました。。しかししかし太っ腹ですねーー保険入ってて良かったーーー山田社長に感謝する瞬間ですね(笑)

 そんなこんなであっという間に3時間超が過ぎ。。収穫祭は無事終了。ようやく一区切りがつきました。この Blog や Twitter 、Facebook からイロイロと応援やアドバイス頂いたこの企画も今年度は一応終了?来年度に向け、ご理解・ご賛同をさらに頂くべく発信していく所存です。

 また事業ですから利益追求、ビジネスモデルとしての確率は今後も怠らず推し進めていく所存です。何卒、ご理解お付き合いくださいませ。まだまだ枝豆としての刈り取り・収穫、配送作業。黒大豆としての刈り取り・収穫・乾燥と作業が続きますが一区切りのご報告とさせていいただきます。

 次回は決算。改善点の洗い出し。改善方法。来年の抱負。黒大豆として収穫風景。などを予定しております。引き続きお付き合いくださいますようお願い申し上げます。

 あ!そうそう

 この黒豆!神戸・元町の 海鮮居酒屋 魚天 にて食して頂けます。現在ですね店主 “ 哲ちゃん ” にお願いして美味しい黒豆メニューを考案してくれるようお願いしております。

 近日公開してもらうんですが。。たぶんメニューには出てるよねーー??もちろん!鉄板の塩茹でもあると思うんで、ぜひ足を運んでみてください。

 また食べてみたい!という方は私目までご連絡いただけますとお送りするコトも可能です。ドンピシャの美味しい黒枝豆を食べるなら「 11月の1週目連休辺りまで!」とのことですからお早めにご連絡くださいませませ。。


海鮮居酒屋 魚天



関連リンク

丹波篠山の黒豆農家知りませんか?

丹波篠山黒豆便り ~其之壱

丹波篠山黒豆便り ~其之弐

丹波篠山黒豆便り ~其之参

丹波篠山黒豆便り ~其之肆

written by da hiko


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お問い合わせはコチラから

 

 

Available
Booked
Changeover
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
PAGE TOP